労基相談・労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「迅速かつ本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽します。東京都中央区築地の社労士が無料相談実施中。
ブログ

タグ : 賠償

社員のインターネット利用を巡る就業規則の規定例

昨年の夏に猛威を振るったアルバイトの「悪ふざけ投稿」による「バイトテロ」。企業経営にも深刻な影響を与えることから社会問題にもなりました。今でこそ沈静化していますが、会社と社員とインターネットを巡るトラブルは、また新たな形で発生すると思うのです。今回は企業としてこうしたトラブルに備えるための就業規則に関する規定について考えます。

”会社を巻き込むSNSトラブル”『海外編』

日本でも普及著しい、twitter、FacebookをはじめとするSNS、爆発的な普及と比例してトラブルも多発しています。このトラブル事情、既に普及している米国をはじめとする海外ではどうなのでしょうか?ここでは、SNSを原因とする解雇など、海外における雇用にまつわるSNSトラブル(会社を巻き込むSNSトラブル)を見てみたいと思います。

社員の「失踪・行方不明」の実務対応2 「親族・保証人との連携」

社員の「失踪・行方不明」時の親族(身元保証人)との連携について考えます。この身元保証人の目的は、社員の不適切な行為により損害が発生した場合のリスクヘッジですが、私は「万が一」の「緊急連絡先・身元引受人」としての役割の方が重要ではないかと思うのです。通常、社員の両親がなるケースが大半だと思いますが、いろいろとデリケートな判断、対応が求められる「失踪・行方不明」の問題では、親族(身元保証人)との連携は非常に重要です。

強盗被害で安全配慮義務違反?

先日、大手牛丼チェーン店に強盗被害が集中しているとして、警察庁が同店に対し、「防犯強化」を指導したとの報道がありました。強盗により店員が負傷、死亡した場合、会社はどのような立場に立たされるのでしょうか?やはり被害者なのでしょうか?社員の就業中の犯罪被害について、「安全配慮義務」から考えてみたいと思います。

twitterで懲戒解雇!? インターネットと労務管理 その5~懲戒解雇は可能なのか?~

社員のプライベートなツイートなどのインターネット上の非常識な情報発信を巡り、会社としては、どのような処分ができるのでしょうか?懲戒解雇のような厳しい処分は可能であるのか?前回(4回目)でお話しした「予防策」を踏まえて検討してみたいと思います。

【アルバイトに責任は問えるか?その3】 正しい弁済の受け方とは?

次に弁済の受け方について考えてみたいと思います。判例(裁判例)上認められる弁済の範囲については、前回見たとおりですが、アルバイト(労働者側)と会社の間で弁済額について合意が成立したとして、会社はアルバイトからどのように弁済を受けるべきでしょうか。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

【アルバイトに責任は問えるか?その2】 バイトに賠償請求!?

アルバイトが業務の過程で過失により事故を起こし、お客様などの第三者に被害を与えてしまったとして、アルバイトは責任を問われるのでしょうか。また、問われるとしたらどの程度の責任が問われるのでしょうか。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

アルバイトに責任は問えるか?その1 アルバイトってナニ?

アルバイトに事件、事故の責任を問うのは酷ではないか?という意見も耳にします。今回は、アルバイトとは何か、またアルバイトに責任を問えるのか、責任を問えるなら、それはどの程度かについて検討してみたいと思います。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

「困った・・・」を解決する第一歩は相談から。法人様の無料相談はこちらをクリック

株式会社せんだ兄弟社

株式会社せんだ兄弟社

インクルージョンマネジメント研究所

インクルージョンマネジメント研究所

社労士事務所からのお知らせ

最近の投稿

Facebook

Twitter

社労士法人せんだ事務所はプライバシーマークを取得しています

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人せんだ事務所 All Rights Reserved.