労基相談・労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「迅速かつ本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽します。東京都中央区築地の社労士が無料相談実施中。
ブログ

タグ : 規定

ノロウィルスとインフルエンザと自宅待機② 治癒・待機の期間は?

  こんにちは。社会保険労務士の専田です。 季節も本格的な冬を迎え、寒さばかりでなく、ノロウィルスやインフルエンザと いった感染症も流行シーズンとなって来ました。 このブログでもノロウィルス、インフルエンザをは …

「熱が下がっても2日はダメですよ?」

労使のトラブルは計画的に!(会社側編)

労使のトラブルについて、「どうしたいか?」が今一つ整理されていない労働者側に対して、会社側は「この社員をクビにしたい!、給料を減らしたい!」というように明解です。しかし、その明解さにはトラブル解決を阻害する要素もあります。今回はトラブル解決に必要な計画性を阻害する会社側の3つのポイントについて考えます。

お酒のトラブルと懲戒処分

今年も早いものでもう師走です。この時期なると増えるのが忘年会。お酒を飲む機会と合わせてお酒のトラブルも増える時期です。会社の忘年会で暴言を吐いた…というようなトラブルで懲戒処分を受けることはあるのでしょうか。今回はお酒のトラブルと懲戒処分について考えてみます。

台風で「休業手当」の支払いは必要か?

近年の異常気象の多発により、企業でも影響が懸念される段階で営業の見合わせなどを決定する例が増えてきました。ただ、”見合わせた、短縮した”場合の賃金はどうなるのでしょう?休業手当の支払いは必要となるのでしょうか?今回はこの問題を考えます。

採用時のトラブルと労働条件通知

様々な業界で人手不足が伝えられています。採用も人手の確保を最優先するためか労働条件の説明不足によるトラブルも増えているように思います。社員の適性などの問題もありますが、それ以前に「労働条件」の説明が後回しになり、賃金、労働時間、休日など基本的なところから「話が違う」とトラブルとなっているのです。今回は書面通知すべき労働条件、期間契約やパート社員などに通知すべき労働条件について考えます。

社員のインターネット利用を巡る就業規則の規定例

昨年の夏に猛威を振るったアルバイトの「悪ふざけ投稿」による「バイトテロ」。企業経営にも深刻な影響を与えることから社会問題にもなりました。今でこそ沈静化していますが、会社と社員とインターネットを巡るトラブルは、また新たな形で発生すると思うのです。今回は企業としてこうしたトラブルに備えるための就業規則に関する規定について考えます。

ぎっくり腰は「労災」にならない?

腰痛でよく聞く「ぎっくり腰」、正式には、急性腰痛症といいますが、仕事中に発症した場合、「労災保険」の補償対象となるのでしょうか?今回は仕事が原因であるかの判別が難しい「腰痛」と労災適用について考えます。

『ひな形にコピペ』就業規則を巡る大きなマチガイ

インターネットで「就業規則」を検索すると、就業規則のひな形、テンプレート集のリンクが上位表示されます。それも、厚生労働省や専門家の作ったものが無料で利用できます。しかし、こうした就業規則の無料テンプレート(ひな形)、そのまま使っても大丈夫なのでしょうか?適法性もさることながら、問題はそれが「会社の実情に合っているのか?」という点です。

「バナナはおやつに入りますか?」そこまで必要?就業規則

ブラック企業に対して、「ブラック社員」も大きな問題となっています。ただ、実務で問題となるのは「完全アウト」ではなく、常識すれすれの行為を恒常的に繰り返す社員。現場では、就業規則を巡り「バナナはおやつに入りますか?」的な話が実際に展開されています。こうした社員にどのように対応すればよいのか?実例を交えて検討します!

ソーシャルメディア「グループ機能」で情報漏洩?

ソーシャルメディアの「グループ」機能。大変便利な機能ではありますが、グループの運用ポリシーが曖昧で管理がいい加減だと情報漏洩などの大きなトラブルにつながりかねません。近時、企業でも有志社員の「勉強会」など様々な使われ方がされている「グループ」機能。官民を問わず、組織として注意すべきポイントや対応策などを考えます。

1 2 3 »

「困った・・・」を解決する第一歩は相談から。法人様の無料相談はこちらをクリック

株式会社せんだ兄弟社

株式会社せんだ兄弟社

インクルージョンマネジメント研究所

インクルージョンマネジメント研究所

社労士事務所からのお知らせ

最近の投稿

Facebook

Twitter

社労士法人せんだ事務所はプライバシーマークを取得しています

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人せんだ事務所 All Rights Reserved.