労基相談・労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「迅速かつ本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽します。東京都中央区築地の社労士が無料相談実施中。
ブログ

タグ : 官公庁

【緊急提言】会社を巻き込む炎上トラブルの対策「まずはガイドラインの作成を!」

従業員(特にアルバイト)がTwitter、Facebookで不適切な画像投稿を行ったことから企業を巻き込んだ”炎上トラブル”となる事例が多発し社会問題となっています。炎上トラブルの中には、店舗の閉店や休業、従業員に対する損害賠償請など、深刻なものが散見されます。未対応の企業は、まず、「発信してよいこと、悪いこと」を示すポリシー・ガイドラインの作成を一日も早く行うべきです。今回は、深刻なトラブルの現状とポリシーの必要性を改めて考えます。

”公務員のツイッター問題発言”について日本テレビの取材を受けました!

某省庁幹部のツイッター上の問題発言について日本テレビの取材を受けました。依然として後を経つことのない組織を巻き込むソーシャルメディアのトラブル。官民ともに共通する必要な対応策について今一度考えてみたいと思います。

「SNSトラブルは民間だけじゃない!」公務員とSNSポリシーの問題 後編

公務員の持つ公共性や業務の特殊性を考えると「SNSポリシー」の必要性は、民間よりも高いと思われます。公務員といっても、事務系職種から警察、消防、自衛隊のように特殊性のあるものまで様々ですが、最低限、どの職種でもSNSとのつきあい方、「発信してよいこと、悪いこと」は考えておく必要があると思うのです。

「SNSトラブルは民間だけじゃない!」公務員とSNSポリシーの問題~前編~

これまで、SNS上での非常識な情報発信を巡るバッシング、情報漏洩などの問題については、主に「民間企業」を対象に考えてきました。しかし、この問題、民間に限らず官公庁などの公共機関でも同じであり、官民の枠組みを超えた「組織」全体に共通する問題ではないかと思います。今回は、官公庁(公共機関)と公務員とSNSポリシー・ガイドラインの問題について考えてみたいと思います。

【大規模災害と労務管理】出社不能は「会社都合の休業」か?

・・・このような事業継続(BCP・BCM)の問題については、ブログの別編で扱っておりますので、そちらをご覧ください。本編では、災害時の労務管理について検討してみたいと思います。さて、人事労務で責任を負うあなたが一番気になっていることは、「今回の地震で仕事にならない。臨時休業とした場合、社員の給与はどうしたらよいか?」ということではないでしょうか。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

「困った・・・」を解決する第一歩は相談から。法人様の無料相談はこちらをクリック

株式会社せんだ兄弟社

株式会社せんだ兄弟社

インクルージョンマネジメント研究所

インクルージョンマネジメント研究所

社労士事務所からのお知らせ

最近の投稿

Facebook

Twitter

社労士法人せんだ事務所はプライバシーマークを取得しています
PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人せんだ事務所 All Rights Reserved.