労基相談・労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「迅速かつ本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽します。京都中央区築地の社労士が無料相談実施中。
ブログ

タグ : 国

【労務トラブルの実務対応】育児休業のトラブルと解決策

…「子は国の宝」といいます。少子高齢化が進む現在の日本においては、子供は「まさに宝」であると思うのですが、実際にはなかなかそうもいかない厳しい現状があります。一言でいうなら、日本は「子育てがしにくい社会」なのかもしれません。いや、なってしまったというべきなのでしょうか。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

【上手に活用!助成金】 その1 即応予備自衛官の雇用で助成金

企業の負担に報い、即応予備自衛官が安心して訓練等に出頭できるようにと防衛省から、即応予備自衛官を雇用し、かつ、訓練出頭等のために所要の措置を講じている企業等に対して、即応予備自衛官雇用企業給付金として、雇用する即応予備自衛官1人あたり、月額42,500円(年間で510,000円)が支給されます。

【大規模災害と労務管理】その13 大震災に伴う休業・解雇、ホンネの検討

…私も、こうした苦境にある企業からの相談が増えてきています。理由は様々です。「自粛ムードで客が減った飲食・サービス業」、「被災地に取引先があり、生産計画が立たない製造業」、「不安定な電力供給に不安を隠せない各種企業」といった具合です。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

【人事労務 大震災関連情報】その6 災害ボランティアの心得・装備

…さて、復興に向けて東北地方の被災地で行うことは、まず、ガレキと泥の撤去だと思います。しかし、ガレキ、泥といっても軽く考えることはできません。意外に危険がいっぱいです。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

【放射能からの防護】その5 正しい知識と正確な情報

…「放射線」という五感で感じることができない、よくわからないものが相手であり、急性障害の悲惨さやガンの原因になることは広く知られているので、その不安は倍加されています。残念ですが、現在こうした「よくわからない、怖いもの」について、どれだけ正しく伝えられているかははなはだ疑問です。よくわからない「単位」だけが独り歩きしているように思えますが、それらの意味するところを果してどれだけの人が理解していることでしょうか。

【大規模災害と労務管理】出社不能は「会社都合の休業」か?

・・・このような事業継続(BCP・BCM)の問題については、ブログの別編で扱っておりますので、そちらをご覧ください。本編では、災害時の労務管理について検討してみたいと思います。さて、人事労務で責任を負うあなたが一番気になっていることは、「今回の地震で仕事にならない。臨時休業とした場合、社員の給与はどうしたらよいか?」ということではないでしょうか。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

【社員が行方不明!? その2】 失踪・行方不明時の初動対応

ここでは、対応の難しい独身者の初動対応について、その中でもさらに判断の難しい自発的な行方不明である「失踪」について検討してみたいと思います。まず、大体のパターンとしては、「ある日を境に無断欠勤がはじまった→その社員と連絡が取れない→自宅に行ってみても不在→どうしよう?」という流れでしょうか。

【社員が行方不明!? その1】 捜索願は会社から?

「行方不明」と聞けば、対応策として真っ先に思い浮かぶのが「捜索願」だと思います。この「捜索願」、警察に出すものであることは誰でも知っていますが、誰でも出せるものでないことは意外に知られていないようです。冒頭の質問の回答ではないですが、まず、捜索願とはどんなものかを見てみたいと思います。

« 1 2 3
社労士方針せんだ事務所はプライバシーマークを取得しています

社労士事務所からのお知らせ

最近の投稿

Facebook

Twitter

インクルージョンマネジメント研究所

インクルージョンマネジメント研究所

株式会社せんだ兄弟社

株式会社せんだ兄弟社

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人せんだ事務所 All Rights Reserved.