労基相談・労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「迅速かつ本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽します。東京都中央区築地の社労士が無料相談実施中。
ブログ

タグ : 労働災害

会社が納得できない労災申請の対応

「社員から「労災請求したい!」といわれたが、会社としては納得できない…」、事情は様々ですが、こんなケースで「会社はどのように対応したらよいか?」という相談を受ける事があります。「会社として一切の手続を拒否するか?」、それは問題があるだけでなく、余計なトラブルになりそうです。今回はこんなケースで会社が取るべき対応について考えます。

忘年会など酒席のケガは労災になるのか?

忘年会、新年会など会社のイベントでお酒を飲む機会も増えてくるこの時期、こうした酒席に関係するケガは労災(労働災害・通勤災害)として認められるのでしょうか?今回はお酒を伴う会社イベントで労災が認められる条件について考えます。

台風で「休業手当」の支払いは必要か?

近年の異常気象の多発により、企業でも影響が懸念される段階で営業の見合わせなどを決定する例が増えてきました。ただ、”見合わせた、短縮した”場合の賃金はどうなるのでしょう?休業手当の支払いは必要となるのでしょうか?今回はこの問題を考えます。

ぎっくり腰は「労災」にならない?

腰痛でよく聞く「ぎっくり腰」、正式には、急性腰痛症といいますが、仕事中に発症した場合、「労災保険」の補償対象となるのでしょうか?今回は仕事が原因であるかの判別が難しい「腰痛」と労災適用について考えます。

東京労働局から「平成25年度 行政運営方針」が発表されました

東京労働局から「平成25年度行政運営方針」が発表されました。テストのヤマ掛けやギャンブルの予想屋さんのように”今年はココが危ない!”ということがわかるわけではありませんが、ヒントは多いと思います。今年度の東京都における労働行政のあり方を示すものとして、労働行政の今を知る資料として、参考になるかと思います。

強盗被害で安全配慮義務違反?

先日、大手牛丼チェーン店に強盗被害が集中しているとして、警察庁が同店に対し、「防犯強化」を指導したとの報道がありました。強盗により店員が負傷、死亡した場合、会社はどのような立場に立たされるのでしょうか?やはり被害者なのでしょうか?社員の就業中の犯罪被害について、「安全配慮義務」から考えてみたいと思います。

集団行動と熱中症の予防

連日、30℃を超える猛烈な「残暑」が続き、各地で熱中症にかかる人が出ています。特に2学期の始まった学校では、運動会の練習などで一度に大量の熱中症者が発生する事故も起きています。高温化の集団行動に際しては、水分補給などを個人任せにせず、全体的な管理も必要だと思うのです。

【労働安全・衛生】腰痛の防止について

…私の場合は、「完全な私傷病」ですが、仕事が原因の腰痛も当然にあります。痛みをこらえて仕事で行った労働基準監督署には、こんなリーフレットがありました。

【人事労務 大震災関連情報】その7 がれき撤去作業時の労働災害防止

…激甚な被害により、「何から手をつけていいやら…」という話をよく聞きましたが、少しずつ落ち着きを取り戻し、復興へと向かうさまは、「自粛ムード」が漂う東京から見ても非常に勇気づけられる思いがします。さて、被災地で目下の急務となっているのは、「がれきの撤去作業」だと思います。津波は様々なものを薙ぎ払って押し流してしまいました。ただ、がれきの中には「危険物」も交じっていますから、撤去作業時も十分な注意が必要です。

【人事労務 大震災関連情報】その6 災害ボランティアの心得・装備

…さて、復興に向けて東北地方の被災地で行うことは、まず、ガレキと泥の撤去だと思います。しかし、ガレキ、泥といっても軽く考えることはできません。意外に危険がいっぱいです。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします
1 2 »

「困った・・・」を解決する第一歩は相談から。法人様の無料相談はこちらをクリック

株式会社せんだ兄弟社

株式会社せんだ兄弟社

インクルージョンマネジメント研究所

インクルージョンマネジメント研究所

社労士事務所からのお知らせ

最近の投稿

Facebook

Twitter

社労士法人せんだ事務所はプライバシーマークを取得しています

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人せんだ事務所 All Rights Reserved.