労基相談・労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「迅速かつ本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽します。東京都中央区築地の社労士が無料相談実施中。
ブログ

タグ : 出社

ノロウィルスとインフルエンザと自宅待機① 給与の支払は?

  こんにちは。社会保険労務士の専田です。 寒暖の差が激しい時期が落ち着いたと思ったら、いきなり冬になった という感じの今日この頃、皆様、風邪など引かれていませんでしょうか。 この時期の風邪といえば、以前、専田 …

せんだ事務所では、東京都福祉保健局の感染症対応力向上プロジェクトに協賛しています!

社員の「失踪・行方不明」の実務対応3 「行方不明者の退職手続きは?」

社員が「失踪・行方不明」となったとき、長期化すれば会社としてもやむを得ず退職・解雇の手続きを取らざるを得ないと思います。今回は手続きに必要な就業規則の規定、そして、実際にハローワークや年金事務所で行う退職手続きの要領について考えます。

家族のインフルエンザで出勤停止!? 濃厚接触者の処遇は?

インフルエンザの流行とともに企業の労務管理上の問題として必ずあがってくるのが、インフルエンザに罹った社員の処遇に関する問題です。明らかにインフルエンザである場合は、「治るまで自宅で療養(自宅待機)」とすることに問題は生じないでしょう。しかし、インフルエンザが疑われる場合、また、社員本人は発症しておらず、何ともない場合は、どう対応するべきでしょうか?今回は、この問題について考えてみたいと思います。

【大規模災害と労務管理】その7 在宅勤務と実務上の問題

…導入にあたっては、会社の業種による適否もありますし、いろいろな問題もあるかと思いますが、要は「発想の転換」です。まずは、「仕事は会社でするもの」という固定観念を疑ってみるべきかと思います。私は、「在宅勤務」の検討にあたり、災害対策などのBCP(事業継続計画)の面からアプローチしていますが、コンプライアンス(法令遵守)という面からもメリットがあると思うのです。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

【大規模災害と労務管理】その5 在宅勤務ノ勧メ

…育児・介護などのワークライフ・バランスの見地から検討されることの多いこの制度。BCPなどの危機管理の面からも非常に有効です。アメリカでは、9.11同時多発テロ以降、多くの企業が災害発生時でも事業を継続することができる「在宅勤務」をBCP(事業継続計画)に含めるようになっており、カリフォルニア州の山火事、地震などで効果が認められています。また、これだけ通信手段が発達した現在、「場所」と「時間」の概念も大きく変わって来ており、「会社」という場所に必ずしもこだわる必要はなくなって来ているのではないでしょうか。先のインターネットによる安否確認の例は、場所にこだわる必要のない大きな「可能性」を示すものであると考えます。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

【大規模災害と労務管理】出社不能は「会社都合の休業」か?

・・・このような事業継続(BCP・BCM)の問題については、ブログの別編で扱っておりますので、そちらをご覧ください。本編では、災害時の労務管理について検討してみたいと思います。さて、人事労務で責任を負うあなたが一番気になっていることは、「今回の地震で仕事にならない。臨時休業とした場合、社員の給与はどうしたらよいか?」ということではないでしょうか。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

【社員が行方不明!? その5】 出社拒否に起訴休職

その後の会社からの連絡にものらりくらりとかわすだけ、全く進展はなく、手紙を出してもなしのつぶて。「もういいでしょ?」というタイミングを見計らって会社から出社日を指定して文書で出勤督促をしてもらいました。内容は、「これ以上、出勤督促に応じない場合は処分もあり得る」というもの。「意思は相手に伝わらないと意味がない」ことは前回触れたとおりですから、督促は、内容証明郵便を使ってもらいました。ただ、後で「知らない」とか言われないように特定記録郵便も併用です。

【社員が行方不明!? その4】 行方不明社員に対応する具体的な規程と手続き

「しばらくは様子を見たい、見てもよい」という会社は多いと思います。しかし、いつまでもそのままというわけにはいかず、事件性などの特異な状況や相応の理由がない限り、人事管理上はどこかで「区切り」をつけなければならないでしょう。そこで、今回は、「区切り」として、どのような方法があるか、また、それに必要な規程や具体的な手続きについて検討してみたいと思います。まずは、あなたの会社の就業規則が今回のような事態に対応できるものであるかを確認してください。特別の定めがある場合は、それに従って処理をするのが原則です。(いきなり「解雇」というような問題のある規定でなければの話です)

インフルエンザと労務管理その2 問題になるのは?

例えば、社員の家族でインフルエンザの患者が発生したが、社員本人は何ともない場合はどうでしょう。また、インフルエンザ発症者と接触し、感染が疑われる社員についてはどうでしょう。いずれも発症はなく、断定はできません。こうした場合、会社は出社停止や自宅待機を命ずることができるのでしょうか?また、出社停止期間中の賃金はどうなるのでしょうか?

「困った・・・」を解決する第一歩は相談から。法人様の無料相談はこちらをクリック

株式会社せんだ兄弟社

株式会社せんだ兄弟社

インクルージョンマネジメント研究所

インクルージョンマネジメント研究所

社労士事務所からのお知らせ

最近の投稿

Facebook

Twitter

社労士法人せんだ事務所はプライバシーマークを取得しています

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人せんだ事務所 All Rights Reserved.