労基相談・労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「迅速かつ本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽します。東京都中央区築地の社労士が無料相談実施中。
ブログ

SNSポリシー・ガイドライン

”会社を巻き込むSNSトラブル”その2「トラブル発覚の3パターン」

”会社を巻き込むSNSトラブル”について、前回(その1)、トラブルの形態は3パターンあるといいましたが、会社がトラブルを知る”発覚”についてもも3つのパターンに分けることができます。今回は会社を巻き込むSNSトラブル”トラブル発覚の3パターン”について検討します。SNSポリシー・ガイドライン制定にあたり、参考としていただければ幸いです。

”会社を巻き込むSNSトラブル” その1 「トラブルの3パターン」とは?

会社が社員のプライベートなSNS上の”問題発言”を巡るトラブルに巻き込まれることが増えています。この”問題発言”にはどのような傾向があるのでしょうか?会社を巻き込むSNSトラブルの問題発言を分類・整理してみました。企業におけるSNSポリシー、ガイドラインを考える際に参考にしていただければと思います。

会社のため?社員のため?「SNSポリシーは誰のため?」

社員のプライベートなSNS利用を巡るトラブルに会社が巻き込まれるケースが散見されます。こうしたトラブルの増加を受けて「SNSポリシー」や「SNS利用のガイドライン」などの形で「基準」の導入を図る企業・団体が増えています。それは誰のためなのでしょうか?私は企業だけのためではなく、社員のためでもあると考えます。きちんとした基準の導入は会社を守り、そして、社員を守ることにつながると思うのです。

もしウチの会社に「SNSポリシー」がなかったら?

会社を巻き込むSNSトラブルが生じた場合、SNSポリシーやガイドラインといった規程の有無は社内での処分に影響を与えるのでしょうか?あった方がよいのは間違いないですが、なかった場合はどのような問題が生じるのでしょうか?今回は、トラブル発生時に「もしも、SNSポリシーがなかったら?」をテーマに検討します。

ネットリテラシー向上?「会社を巻き込むSNSトラブル」は減ったのか?

最近、ネット上で「会社を巻き込むSNSトラブル」について見聞きする機会がめっきりと減りました。SNSポリシー、ガイドラインの整備など企業の対策が進んできたからでしょうか?残念ですが違うと思います。見聞きする機会が減ったのは、トラブル自体が珍しくなくなり、ニュース性がなくなったからです。個人的には、実態としてトラブル自体は増加、その内容は多様化の傾向にあると思います。

”人事・労務”の問題は株主総会で追求を受けるか!?

株主総会のシーズンです。今や「物言う株主」は珍しくなくなったといえます。企業において、人事・労務分野の問題は、裏方であまり目立たない分野と言えますが、企業のリスクとしては、決してそうではないと言えます。巨額の未払い残業、過労死、ハラスメントなどの問題が株主総会で大きな問題とされる可能性はあると思います。また、SNSトラブルなどの新たな問題に対策を取らないことは、取締役の不作為として看過できない問題とされる可能性もあるのではないでしょうか?

「SNSトラブルは民間だけじゃない!」公務員とSNSポリシーの問題 後編

公務員の持つ公共性や業務の特殊性を考えると「SNSポリシー」の必要性は、民間よりも高いと思われます。公務員といっても、事務系職種から警察、消防、自衛隊のように特殊性のあるものまで様々ですが、最低限、どの職種でもSNSとのつきあい方、「発信してよいこと、悪いこと」は考えておく必要があると思うのです。

「SNSトラブルは民間だけじゃない!」公務員とSNSポリシーの問題~前編~

これまで、SNS上での非常識な情報発信を巡るバッシング、情報漏洩などの問題については、主に「民間企業」を対象に考えてきました。しかし、この問題、民間に限らず官公庁などの公共機関でも同じであり、官民の枠組みを超えた「組織」全体に共通する問題ではないかと思います。今回は、官公庁(公共機関)と公務員とSNSポリシー・ガイドラインの問題について考えてみたいと思います。

「SNSポリシーとプライバシー」 SNSと写真・動画の問題

先日、「会社とSNSポリシー」の問題について、新聞社の取材を受けました。この問題については、マスコミも例外ではなく、同じような悩みがあるようです。さて、SNSでは、GW中の写真や動画がたくさん投稿されています。こうした画像などの投稿。プライベートならいざ知らず、会社を巻き込んで問題となるようなことはないでしょうか?今回は、SNSポリシーと画像・動画の問題を考えます。

インターネットリテラシーとSNSポリシー

プライベートのSNSの利用で「配慮の足りない情報発信」が原因でトラブルが生じたとしても、それは、発信したその人個人の資質だといえますが、これが会社の業務に関わることだったらどうでしょうか?「発信してよいこと、悪いこと」を定める会社ルールの必要性を考えます。

« 1 2 3 »

「困った・・・」を解決する第一歩は相談から。法人様の無料相談はこちらをクリック

株式会社せんだ兄弟社

株式会社せんだ兄弟社

インクルージョンマネジメント研究所

インクルージョンマネジメント研究所

社労士事務所からのお知らせ

最近の投稿

Facebook

Twitter

社労士法人せんだ事務所はプライバシーマークを取得しています

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人せんだ事務所 All Rights Reserved.