労基相談・労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「迅速かつ本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽します。京都中央区築地の社労士が無料相談実施中。

ブログ

インフルエンザと労務管理【番外編】 感染症予防法

最近、インフルエンザの流行と相まって、法定伝染病とか感染症予防法などの用語をよく耳にするようになりました。以前、twitterでも触れましたが、今回はこれらの用語について考えてみたいと思います。伝染病予防法は平成10年に廃止され、現在では、感染症予防法に引き継がれています。これに伴い様々な定義が変更されています。新型インフルエンザの取り扱いを含めて今回はこの問題を整理してみたいと思います。

アルバイトに責任は問えるか?その1 アルバイトってナニ?

アルバイトに事件、事故の責任を問うのは酷ではないか?という意見も耳にします。今回は、アルバイトとは何か、またアルバイトに責任を問えるのか、責任を問えるなら、それはどの程度かについて検討してみたいと思います。

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします

インフルエンザと労務管理その4 休業補償は必要か?

休業手当の支払いを巡っては、「使用者の責に帰すべき事由」というと真っ先に思い浮かぶのが、工場などの生産調整による一時帰休(レイオフ)でしょう。「インフルエンザは、「天災」であり、会社(使用者)の責任ではない!」と言われれば確かにその通りです。しかし、だからといって、社員だけが一方的に負担を強いられるようなことがあってはならないと思います。今回はこの問題を検討します。

インフルエンザと労務管理その3 自宅待機は会社都合か?

「インフルエンザが疑われる社員について、会社が自宅待機(出勤停止)を命ずることそれ自体は問題ないと思いますが、待機中の賃金はどうなるのか?」というところまで整理しました。対応としては、次の3つにわかれると思います。1.待機中も全額支給する(一切控除しない)2.待機中について、ある程度支給する(一部控除)3.待機中は支給しない(全額控除)

インフルエンザと労務管理その2 問題になるのは?

例えば、社員の家族でインフルエンザの患者が発生したが、社員本人は何ともない場合はどうでしょう。また、インフルエンザ発症者と接触し、感染が疑われる社員についてはどうでしょう。いずれも発症はなく、断定はできません。こうした場合、会社は出社停止や自宅待機を命ずることができるのでしょうか?また、出社停止期間中の賃金はどうなるのでしょうか?

インフルエンザと労務管理 

インフルエンザが流行期を迎えています。昨年は新型インフルエンザ一色でしたが、今年の流行りは「香港A型」のようです。ただ、昨年に続いて新型の流行も考えられるので、対応としては、昨年よりも難しいかもしれません。インフルエンザについては、色々なところで色々な対応策を聞きますが、ここではインフルエンザと労務管理をテーマに考えて行きたいと思います。

管理部支援.comを立上げました!

はじめまして。 社会保険労務士の専田と申します。   前職は警備会社勤務。現在も予備自衛官をやっていたりと 社会保険労務士としては、結構な変わり種です。   この度、企業の総務・人事など管理部門責任者 …

労基や人事・就業規則などの労務問題でお困りですか?東京都中央区築地の社労士、せんだ社会保険労務士事務所の専田晋一が「本当に必要な解決策」を常に考えベストを尽くします
« 1 19 20 21
社労士方針せんだ事務所はプライバシーマークを取得しています

社労士事務所からのお知らせ

最近の投稿

Facebook

Twitter

インクルージョンマネジメント研究所

インクルージョンマネジメント研究所

株式会社せんだ兄弟社

株式会社せんだ兄弟社

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人せんだ事務所 All Rights Reserved.