こんにちは。管理部支援.comの専田です。

 

社会保障・税番号制度(通称:マイナンバー制度)
今年10月には、国内に住民登録している個人に対し、
「個人番号(マイナンバー)」の付与が始まります。

ここでマイナンバー制度の詳説は省きますが、
制度の本格始動を前に企業の人事・総務担当者の
間では激震が走っています。

なぜ?何が問題なのか?
その理由を簡単にまとめると次のようになります。

 

◆今後、社会保障・税の手続にマイナンバーが必要となる

◆企業が雇用する社員の社会保障・税の手続は、国との間
 に企業が介在して処理するものが大半

◆それら手続に必要なマイナンバーは企業が独自に社員から
 提供を受けなくてはならない(国は教えてくれません)

◆なりすましや情報漏洩などへの懸念からマイナンバーの
 確認・取扱が極めて厳しいこと(違反には厳しい罰則)

◆業務フローや会社規則の見直しも必要となるが、
 マイナンバーの交付まであまり時間がない上に、実務面
 では、今なお、不明な点が少なくない

 

マイナンバー制度関係のセミナーはどこにいっても満員御礼。
専田も色々と参加し、情報収集につとめていますが、皆さん
真剣そのものです。ただ、企業以上に影響を受けるのは、
他ならぬ「社会保険労務士」だと専田は考えます。

企業・個人の方から業として社会保障関係の手続を委託
されているのですから、これは当然のことです。

 

マイナンバー制度を控え、当サイトを運営する
せんだ社会保険労務士事務所では、マイナンバー制度に
対応するため、次のような取組を行っています。

1.「プライバシーマーク」を取得します!
マイナンバー制度で求められる個人番号取扱に必要な安全
管理措置として、個人情報保護マネジメントシステムを
整備しました。

また、整備したマネジメントシステムに基づき、プライバシーマーク
の早期取得を目指しています。現在、申請を済ませ、審査機関
JIPDECにより審査中です。

書審査まで完了しています!

書審査まで完了しています!

2.「今からでもできること」を提案します!
マイナンバー交付まであまり時間がありませんが、その中
でもできることを考え、優先順位をつけてお客様に提案して
参ります。

3.管理を徹底します!
スタッフ数名の小さな事務所ですが、セキュリティは物理面
も含め、防犯・防災を問わず、徹底して管理します。

物理的なセキュリティも万全を期します!

物理的なセキュリティも万全を期します!

 

以上は取組の一例ですが、せんだ社会保険労務士事務所として、
マイナンバー制度施行後もお客様に安心して業務を委託いただけ
ますよう、「安心・安全」で一層効率的な業務が行えますよう、
全力で取り組んで参ります。

◆マイナンバー制度の詳細はこちらをご覧ください!
内閣官房HP 「社会保障・税番号制度」

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

労基や労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「こんな事聞いても大丈夫かな?」ちょっとでもそう思ったら、その悩みをお聞かせください。初回相談は無料です。