こんにちは。管理部支援.comの専田です。

 

今年は日本各地で本当にうんざりとするくらい水害に
見舞われていますが、今、また台風がやってきています。
(台風18号)

こんなとき、社労士として受ける質問で増えるのが
「台風でケガをしたら労災になるのですか?」
いうものです。

 

被害が出ないといいのですが…

被害が出ないといいのですが…

 

労災の対象としては、大きく次の2つに区分されます。
・仕事中のケガを対象とする業務災害
・通勤途中のケガを対象とする通勤災害

そして、このどちらも『原則』として労災の補償対象
とはなりません。

 

台風等の天災地変自体は業務と無関係な自然現象で、
労働者は事業主の支配下にあるか否かに関係なく
危険にさらされるものです。

ですから、「たとえ業務遂行中に発生したものであっても、
一般的には業務起因性は認められない」と解されているの
です。(昭49.10.25基収第2950号)

これは、通勤災害についても同様です。
通勤災害は、「通常の通勤に伴う危険が具体化したものと
認められる場合をいい、天災地変による災害の場合には、
たとえ通勤途上発生したものであっても、一般には
「通勤による」とは認められない。」と解されています。

 

ただ、全く労災が適用されないというわけではありません。
事業場の立地条件や作業条件・作業環境などにより、天災
地変に際して災害を被りやすい業務の事情があるときは、
業務災害と認められています。これは通勤災害についても
同様です。(昭50.4.7基収3086号他)

たまに仕事中・通勤途中のものは無条件で労災が適用に
なるような話を聞きますが、誤解のないようにご注意
ください。

 

余談になりますが、台風時に生じた業務・通勤災害の
内容を聞いていると、
「とりあえず、会社に行かなきゃ、仕事しなきゃ…」
というような不急不要で被災するケースが散見されます。
(専田調べ)

場合によっては、会社の社員に対する安全配慮義務
問われかねないトラブルに発展することも考えられますので、
台風などの天災時における業務のあり方について予め
会社全体で考えておく必要があると思います。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

労基や労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「こんな事聞いても大丈夫かな?」ちょっとでもそう思ったら、その悩みをお聞かせください。初回相談は無料です。