こんにちは。管理部支援.comの専田です。

 

秋も深まり、すっかりと寒くなりましたね。
寒さが増すにつれ、心配なのが「カゼ」ですが、
言っている矢先に専田もやられました。

朝起きたら、ノドが「ズキッ!」、続いて感じたのは
ダルさと悪寒、そして発熱と典型的なカゼの症状。

幸い回復も早く、寝込むこともなかったのですが、
これからの季節で心配なのは、カゼもさることながら、
やはり「インフルエンザ」です。

 

インフルエンザといえば、数年前に世界的な大流行が
懸念された「新型インフルエンザ」は企業における
事業継続計画や労務や勤怠管理にも大きな影響を
与えました。

社員が発症した場合、どのような報告・連絡体制を
取るべきか?感染者と接触した「濃厚接触者」社員の
処遇をどうするか?など、様々な物議を醸したことが
思い出されます。

また、細かいところでは、会社の備蓄用のマスクや
アルコール消毒薬の確保に奔走された方も多いと
思います。(私もその一人です)

 

慌てて「新型インフルエンザ」対応マニュアルを作ったことも…

慌てて「新型インフルエンザ」対応マニュアルを作ったことも…

 

ただ、近時の企業の対応を見ると、新型ではない
通常のインフルエンザに対しても、かつての
「新型インフル・ショック」を引きずって過剰
反応している企業も少数ですが、見受けられる
ように思います。

もちろん「通常」といえどもインフルエンザを
甘く見るとこはできませんが、同居の家族の
インフルエンザ感染をもって直ちに出勤停止と
するような対応は疑問です。(出勤停止により
社員に一切の不利益が生じないのなら別ですが…)

 

会社としては、インフルエンザを発症している者は
もとより、その疑いがある者についても出勤されては
困るでしょう。また、接客業、介護、保育など、信用
問題に直結しかねない業種もあります。

しかし、困るから、必要だからといってやみくもに
厳しい対応を取れば労務トラブルに発展しかね
ません。

 

そこで、必要となるのは、
「何故困るのか?」という理由をきちんと整理すること。
次に「どのような措置を取るのか?」を明確にして、
その内容をあらかじめ社員に周知することです。

 

もっとも、それぞれの会社の事情、業種、さらに
同じ会社の中でも職種や部署によって予防や対処
方法として求められるレベルは当然に異なります。

また、こうした「対応措置」を考えるにあたっては、
就業規則や労働法令上問題がないかという点の確認も
必要です。

 

労務トラブルの原因は、
「基準不明確」、「話し合い不十分」の2点が多く
見受けられますが、インフルエンザを巡る対応も
例外ではないと思います。

インフルエンザが本格的な流行期を迎える前に
皆さんの会社でも今一度確認・整理して、社内で
話し合われてはいかがでしょうか。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

労基や労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「こんな事聞いても大丈夫かな?」ちょっとでもそう思ったら、その悩みをお聞かせください。初回相談は無料です。