こんにちは。管理部支援.comの専田です。

 

このところ、従業員(特にアルバイト)が私的に
利用するソーシャルメディアで不適切な情報(特に画像)
を発信することで生じる炎上に会社が巻き込まれる
事例が続発し、止まる気配がありません。

このようなトラブルをこちらでは、
“会社を巻き込むSNSトラブル”と呼んでいますが、
今年の4月頃から全国ニュースになるような事例が
立て続けに発生しており、企業側の対応は急務と
なっています。

 

これまでは、炎上トラブルはあまり深刻に考えられる
ことはなかったのかもしれません。しかし、昨今の事例は、
単なる
イメージダウンでは済まなくなってきていることを
如実に
示しています。

例えば、

・フランチャイズ契約を解除され、問題の店舗が休業
(実質的に廃業)に追い込まれた大手コンビニチェーン店
の事例

・イメージダウンによる信頼回復は困難との判断から
 運営会社が問題の発生した店舗の閉店を決定した
 ステーキハウスの事例

…このように企業の経営にも深刻な影響を及ぼす
炎上トラブルが確実に増えてきているのです。

 

また、炎上トラブルのダメージは経営に対する影響や
イメージダウンに止まらず、
労働紛争へと発展する可能性も秘めています。

 

どういうことでしょうか?
炎上トラブルを巡っては、
「問題画像を投稿した社員を解雇」
というニュースがよく報じられています。

不用意な画像をネット上に投稿し、炎上トラブルを
引き起こし、会社に大きなダメージを与えた従業員の
罪は決して軽くはありません。

しかし、従業員側が会社の下した解雇処分を
不服として“解雇は不当”と訴えたらどうなる
でしょうか?

 

裁判になれば、従業員を解雇とした会社の判断
について、その合理性や社会通念上の相当性などが
問われることになり、場合によっては、長期間にわたり
争うことになります。

労働者にとって相当に重い処分である“解雇”
そんなに簡単に行えるようなものではないはずですが、
炎上トラブルの収拾に焦る企業が、
「これならば、(世間から)文句は言われないだろう」
とばかりに重い処分を急いで下しているような印象を
受ける事例もあります。

もちろん、炎上トラブルの内容にもよりますが、
法的な争いとなった場合、少なくともその会社は
“炎上トラブル”のほかに“労務トラブル”という
もう一つのトラブルを確実に抱えることになります。

 

先のステーキハウスの炎上トラブルでは、
アルバイト店員に対する損害賠償も検討されて
いると報じられており、ネット上の“世論”も比較的
これに肯定的です。

しかし、損害賠償請求が法的に妥当かどうかは
別として、これは、この店員を追い詰め、余計に
トラブルを大きくする可能性もあるように思います。
悪いのは店員なのかもしれませんが、”窮鼠猫を噛む”
という事態はあり得ないことではありません。

このように続発するトラブルは、企業の情報管理、
労務管理面だけでなく、懲戒処分手続の運用など
様々な面で、その危うさを浮き彫りにしているとも
いえます。

 

さて、ここまでお読みいただけたなら、
“会社を巻き込むSNSトラブル”が企業にとって
大きなリスクとなることはおわかりいただけたかと
思います。(企業に限らず、官公庁、学校など様々な
組織でもリスクです)

 

では、対応としてはどうすればよいのでしょうか?
これまでも、こちらで繰り返し検討してきましたが、
まずは、それぞれの企業でプライベートのソーシャル
メディア利用に関するルールを作ることです。

 

この『ルール』
SNSポリシー、ガイドラインなど名称は様々ですが、
要は、会社と社員の間で行った「発信してよいこと、
悪いこと」の“目線合わせ”をした事柄を集めたもの
です。

このような“基準”がなければ、社員の側は、問題の
ある行為と処分について事前に考えることはできません。

それに何の備えもなければ、トラブルが起きたときに
会社はただうろたえ、対応は遅れ、処分は偏ったもの
となり、迅速な収拾は困難となります。

「ルール」を作ってもトラブルを完全に防ぐことは
できません。しかし、社員の不安を払拭し、社内の
規律を保ち、トラブルに備えるためにも『ルール』は
必要なのです

 

なお、ルール作りを含めた対応を考えるとき、
これまでの炎上トラブルの事例が警句とならない、
「問題のある情報(画像)投稿を問題と感じない」
とされる人達の存在です。

多くの識者により、様々な分析がなされていますが、
こうした存在の特性、心理を踏まえ、インターネットリテラシー
をはじめ、各サービスの仕組み、そして、炎上トラブルの怖さ
など、根本的なところから教示する必要もあるように思われます。

 

管理部支援ドットコムでは、
ソーシャルメディア・ポリシーの作成に関する
相談やアドバイス、“会社を巻き込む炎上トラブル”
に関する相談などを受けております。

また、ポリシーのひな形なども公開しています。
無料でお使いいただけますので、是非、参考にして
いただければと思います。

未対応の企業については、一日も早くガイドラインの
策定に着手され、このような不幸なトラブルがなくなる
ことを切に願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

◆続発する「会社を巻き込むSNSトラブル」を
起こさせない環境づくりを3ステップで実現するサービス
「SNSポリシー制定パック」のご案内はこちらから!

◆ポリシーのひな形
「インターネット・ポリシー」はこちらから!
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

労基や労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「こんな事聞いても大丈夫かな?」ちょっとでもそう思ったら、その悩みをお聞かせください。初回相談は無料です。