防護

こんにちは。管理部支援.comの専田です。
唐突ですが、私の自宅マンションの近くには高速道路や幹線道路があり、
お世辞にも空気がキレイとはいえません。

最近のマンションは気密性が高く、自動換気システム(24時間換気)
が完備しています。外壁にこんな感じの通気口があります。(写真1)

(写真1)通気口

(写真1)通気口

マンションであってもカビることもなく大変便利なシステムではありますが、
空気の汚れは既設のフィルターでは濾過しきれないようで、吸気口の室内側に
ススのようなものがチラホラと…。

なんと言ったらいいのでしょう。そのススは、ちょっと油っぽいような
感じで触れると黒ジミになってしまうのです。

その昔、石原都知事が(ちなみに今日は都知事選の投票日ですが※)
以前にトラックの排ガス規制の問題でペットボトルに入れて見せて回って
いたようなススです。

そこで、既設の吸気口にフィルターを増強することにしました。
空気清浄機用のフィルターや台所用換気扇のカバーなどを試してみましたが、
なかなかうまくいきません。

あまり分厚いフィルターだと、吸気が不完全になり、室内の気圧が下がって
しまいます。また、コスト的な面でも課題がありました。

…で、試行錯誤の結果、見つけたのが、(写真2)のフィルターです。
これをテープで吸気口の外側に貼り付け、吸気口内にもう一枚かませる
ようにしました。

(写真2)フィルター

(写真2)フィルター

結果、効果はなかなかのもの。ススは吸気口の室内側にこびりつくような
ことはなくなりました。ただ、3ヶ月もすると(写真3)のとおり外側のフィルターは
真っ黒です。10枚入りで2,500円ですから、コスト的にもセーフかと。

(写真3)汚れます

(写真3)汚れます

さて、いつものとおり前置きが長くなりました。このフィルターは
放射線防護にも応用できるのではないかということです。

例えば、福島の原発に関連して「屋内退避の指示」が出た場合、
「換気扇は止めるように」との注意がありますが、停電したら、室内で
ロウソクなどの火気を使うこともあるでしょうから、換気は必要です。
特に気密性の高い、新しいマンションの場合はなおのことです。

その場合、別の項でも述べましたが、重要なのは、
「放射性物質(チリなど)を室内に入れない・持ち込まないこと」です。
これは、ヒトが持ち込むとは限りません。通気などで自然と入ってくる
ことは当然にあります。

もし、あなたの家に自動換気システムが装備されているのなら、参考に
なるかもしれません。
必要に応じて(写真4)のように吸気口の室内側にもフィルターを一枚
かませれば、より効果的です。

(写真4)室内側

(写真4)室内側

自動換気の吸入は結構勢いがあります。(写真5)のとおり、仮止めの状態
でも吸気口に張り付きます。

(写真5)仮止め

(写真5)仮止め

なので、より、濾過性能を高めるために、フィルターの縁をセロハンテープ
などで密着させて完成です。(写真6)密着させる素材については、
いろいろと試しましたが、剥がすことも考えると
セロハンテープがよいと思います。お湯などで暖めることにより簡単に剥がせ
ます。

(写真6)完成

(写真6)完成

これらの対策は、「放射線対策」として、考えたものではありませんが、
それなりの効果は望めるかもしれません。

これ以上の「万が一」は、あって欲しくないものですが、守るべきモノが
あって、「その場」を離れなれない方は参考にしていただければと思います。

最後にお断りしておきますが、これらの対策により、放射線の対策が万全と
なるわけではないことをご了解ください。

なお、専田は、ごく普通に外出し、水道水も飲んでおります。
放射線の恐怖もさることながら、秩序の崩壊はさらなる深刻な悲劇を生むと
思うのです。

自分なりに信用できる情報を見つけ、自分の考えに従って行動したいものです。
とんでもない話を聞いてあわてる前にまずは、そんな話を「疑ってみる」ことが必要
ではないでしょうか。このブログも是非、「疑って」みてください。

※大差をつけて当選。東京で4選というのは異例かと。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

労基や労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「こんな事聞いても大丈夫かな?」ちょっとでもそう思ったら、その悩みをお聞かせください。初回相談は無料です。