こんにちは。管理部支援.comの専田です。

 

申し訳ありません。大変ご無沙汰してしまいました。
だいぶ久しぶりのブログになります。

 

さて、インターネットと労務管理について、
SNSを中心にシリーズで検討して参りましたが、
今回は匿名掲示板を巡る労務管理上の問題について
検討してみたいと思います。

 

タイトルにあるような匿名掲示板を巡って懲戒解雇にまで
至るケースとは一体何でしょうか?

よくみられる事例としては、ネット上の匿名掲示板
における役職者への誹謗中傷、企業秘密の漏洩、
悪評や悪意のある噂を書き込む会社業務への妨害

などがあります。

そして、書き込みの内容を見てみるとあきらかに現職の
社員が書き込んだとしか思えないようなものが散見されます。

グチや悪ふざけ程度ならまだしも、明らかに度を越して
いるものも決して少なくはありません。

これらの行為を社員が行っていたとしたら、当然に
懲戒処分の対象となることでしょう。
(就業規則の定めによりますが)

 

ただ、問題はその行為がネット上で、匿名により
行われていること
です。

当たり前のことですが、誰がやっているのかが
わからなければ手の打ちようがありません。

 

では、こうした「書き込み者」の特定をしたり、
対抗するためには、どうしたらよいのでしょうか?
基本的には法的な手続きを取ることになります。

ただ、特定や対抗の方法もさることながら、問題の書き込みに
対して、「どうしたいのか?」、「優先すべきことは何か?」
という考えも重要です。
以下、具体的な対応策を見てみたいと思います。

 

①問題のある書き込みを「削除」したい。

悪意のある噂を書きこまれたりした場合は、「犯人探し」
よりも先にその噂を止めることを優先するべきです。

 

具体的には、まず、その掲示板の管理者に対して削除を
求めることになるでしょう。放置しておけば、匿名を
いいことにどんどんエスカレート
していくこともありますから、
タイミングを失することなく削除を求めなくてはなりません。

 

ただ、例えば2ちゃんねる」の場合削除等に関する
独自のルール
があり、この要件を満たさないと削除に応じて
くれません。住所や電話番号などの個人情報が書き込まれた
のであればともかく、誹謗中傷ということになるとかなり微妙です。

 

また、削除要請は公開されているので、騒ぎを聞きつけた
「野次馬」のような人達が集まってきて余計にひどい状態に
なることもあります。

さらには、有料で「削除請け負います」とか、「書き込みを
した者を特定します」という怪しいセールスもあったりしますが、
大半が眉唾ものです。

基本的には、弁護士に依頼して裁判上の手続き(書き込み
削除の仮処分)を依頼して削除を行うべきだと考えます。

 

②損害賠償を求めたい
いうまでもありませんが、これも弁護士に依頼しなければ
なりません。

基本的には、掲示板の管理者に書き込んだ者に関する情報
の開示を求め、その情報に基づき損害賠償を求める
ことに
なります。ただ、書き込んだ者の特定から損害賠償に至る
までは、1年以上かかることも珍しくはないようです。

 

③警察に相談する

書き込みの内容が悪質で名誉毀損や業務妨害に該当する
ようであれば、会社の所在地または誹謗中傷を受けた人の
住所地を管轄する警察署で相談するとよいでしょう。
内容によっては、刑事事件として警察の捜査が行われます。

 

ただ、書き込んだ者が特定(逮捕?)されたとしても、
「書き込んだ者」の素性については、捜査に関する情報
として教えてもらえるとは限りません。

ですから、「悪質な書き込みに対して、警察に被害届(告訴)
を出したら、ある日を境にある社員の無断欠勤が始まった。
(実は書き込んだ者として逮捕されていた)」
というような
こともあり得るのです。

 

また、刑事事件とした場合、報道により悪質な書き込みの
事実が明るみになる可能性もあり、会社や誹謗中傷を受けた
人が2次的なダメージを受けないとも限りません。

警察への相談は一番実行力が期待できるかもしれませんが、
弁護士などとも相談の上でデメリットなどもよく考えて
行うべきです。

 

一般的にネット上における誹謗中傷については、抜本的な
解決が大変困難であるといえますが、以上のようなきちんと
した対応を取れば書き込んだ者の特定に至るかもしれません。

 

もし、特定された場合、会社としてどのように対応するか?
いうまでもなく、懲戒処分手続きになるでしょう。
その社員が書き込んだ内容などにもよりますが、
悪質であれば、懲戒解雇も当然にあり得るといえます。

 

懲戒処分の進め方については、こちらをご参照ください。
「”負けるが勝ち”の労務トラブル解決法」懲戒解雇編

 

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとう
ございました。
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

労基や労務問題からマイナンバーやSNS問題まで「こんな事聞いても大丈夫かな?」ちょっとでもそう思ったら、その悩みをお聞かせください。初回相談は無料です。